この記事の初出はウェブメディア「Z TOKYO(2019年1月にサイト運営終了)」です。同メディア運営会社からの権利譲渡及び取材元からの掲載許諾を受けて当サイトに転載しています。

渋谷駅から徒歩7、8分。玉川通りを挟んでセルリアンタワーの向かいに位置する雑居ビルの2F。そこに「はすとばら」という店がある。
耽美な内装の店内にはDJブースもあり、常に様々なイベントが開催されている。カフェ? レストラン? バー? どれも適切でなく、決まった括りで呼ぶのは難しいが、あえて端的に語れば、「GYUさんの店」と呼べるだろう。

東京芸大で油画/現代美術を専攻していた、オーナーのGYUさん。彼は、懐深くユニークで、とにかく元気だ。そして、この場所を「GYUさんの店」たらしめているものがある。それが、彼の作る“ごはん”。
洋でも和でもなく、古くも新しくもある彼のフードは、とにかく個性的。誤解を恐れずに言えば、食べると“瞳孔が開く味”である。どうしたら、このような料理を作れるのか興味が沸き、GYUさんに自身のバックグラウンドを尋ねてみた。

料理は“現在の瞬間”に現れるもの

若い頃、“ミニマリズム”、“ミニマルアート”に傾倒していたGYUさん。さまざまな場所で、小麦粉/水/すす/家具/身体/音etc. と、さまざまな”素材”をその場で組みあわせて創り出す、即興的な表現を繰り広げていた。現在の「料理」と通ずるエピソードだ。
そんな若きGYUさんが、友人に誘われて足を踏み入れたのは、クラブの世界。「ゲイ、レズビアン、モデル、音楽家……。いろいろな表現者たちが競いあい、アピールしながら遊んでいる世界はカルチャーショックでした。すぐ店員になろうと決めまして」とのこと。即決、即断、感性の人である。
クラブの世界でも、下っ端仕事の1つに賄い作りがある。すると、彼の料理はスタッフから評判を得ることに。
「そこで初めて、料理って楽しいなぁと。僕も、皆が食べたことないようなメニューや味付けを試してみたりして」

その後、自然食品店、ウズベキスタンなどの羊肉料理店、割烹料理店、イタリアン、タイ・ベトナム・インドネシア料理店など、さまざまな現場を経験した後、「イミグランツカフェ」という店で料理長兼マネージャーを務める。かつて青山にあった、レストランかつイベント・クラブスペースで、多くのクリエイティブな人たちを魅了した店だ。同店の閉店後、自分の店である「はすとばら」をオープンする。

そんな彼を、人はフードアーティストと呼ぶが、当の本人は料理を決して作品と呼ばない。
「僕の中でお料理は、その日その日のお献立を、皆さんに提案して食べて頂くもの。それにつきる、有り難い行為でございます」
一方で、こんな言葉も残す。
「料理は再生するものでなく、今、現在の瞬間に現れる物である」

彼の料理にレシピはない。即興でその場の表現を突き詰めていた前衛芸術家・GYUさんの実感として言えば、レシピ通りに作ったとしても、違う時間に違う空気で作れば、それは”違う料理”になるからだ。
「再生されて見えるのは、全て全く違うものなんです。似て見えたり、同じに感じたりするだけ。だから僕は、体の中にある感覚のレシピを使って、一品一品に集中し、料理をしています。毎回仕入れた素材と向き合って、自分が楽しめる方向に進めてみるんです」

その結果が、その日の献立になる。予め作るものを決めて、素材を仕入れているわけではないからこそ、何度足を運んでも、新鮮な驚きの料理と出会えるのだと合点がいった。
GYUさんの店、「はすとばら」は本当に多面的な魅力、顔を持つ店で、週末はさまざまなイベントが行われている。基本的にGYUさんの料理を楽しめるのは、通常営業の時間帯だけだが、この8月から月イチで「道玄坂はすとばら」というコース料理の月替わりイベントが開催されるとのこと。
彼の料理を一度食べてみたいという人は、公式サイトやフェイスブックページで、スケジュールを確認してほしい。

GYU(ギュウ)

1967年神奈川県鎌倉市生まれ。東京芸大在学中から、様々な場所でミニマリズムに影響されたインスタレーションを披露。現在も活動を続けている。20代半ばから料理の世界に足を踏み入れ、数々の店で下積みを経た後、2006年10月に自身の店「はすとばら」をオープン。
今年、10周年という記念すべき年を迎える。

REPORTER

RYUTA TOMIYAMA
r.c.o.inc.代表。好きな食べ物はナン。好きな女性は飯島愛。好きな言語はJavascript。座右の銘は「もうしょうがない人ねぇ」。

PHOTOGRAPHER
KAZUMI MIWA&MITSUHIRO MORITA